よしひろ20200201.jpg

私は、現在、日本の関西空港の対岸にアトリエ「独楽窩」を構え、国内外の小説やエッセイの言葉からイメージしたものを絵画や版画に独自の世界を具象や抽象で表現しています。
早々に、シュールレアリズムに傾倒し、内なる自己に忠実なるものをどう表現するかを学びました。
その際、油絵具だけでなく、アクリル絵具や水彩、パステルの類を利用した幅広い技法の研究を行いました。
2015年から現在まで、版画の研究を行い独自の表現を追及し、その作品を国内外に発表しています。
いずれにしても、一貫しているのは、日本人であることを意識し、自分は何であるかを考え、自分自身を平面に表現していることです。

My atelier(DOKURAKUKA)  is near Kansai Airport where I am fighting to express my own world in paintings and printings in figurative and abstract way.  I started my artist career in 1980 on my own.  I soon got devoted to surrealism and learned how to express what is true to my inner self. In this period I also studied various techniques using not only oil paint but also acrylic, water or pastel.  Since 2015 until now I have been studying and pursuing my own way of printmaking and presented some of my works in exhibitions inside and outside Japan.What has been consistent in my career is trying to be always conscious of being Japanese, thinking what I am and then expressing myself on a plane surface.